« 何は無くともバイク選び。 | トップページ | オートバイとの付き合い・2 »

2008年5月20日 (火)

オートバイとの付き合い。

僕は恐らく第何次だか分らないけど生粋の

バイクブーマー。

小学生の頃、カワサキ750SSや6気筒のホンダCBX1000

に憧れて、中学生になると映画館で「汚れた英雄」

当時唯一地元で免許を堂々と取得できる

公立工業高校へ進学。

ストリートサーキットでレプリカバイクを走らせて

ハングオン。河原にコースを作ってトレールバイクで

モトクロス行為に耽っていた。

近所の幼馴染が殆んどレプリカバイクを乗り回して

いた異常な時代だった。

仲間と盛り上がるとサーキットやモトクロス場に

市販オートバイを持ち込んで草レースや耐久に

出場していたけど、練習してライディングを追求

するより、仲間と学園祭気分が最高だった。

そんな時代も社会人になった頃。

自分のオートバイに乗る時間が減るのと

正比例して世の中の走る所とイベントが減っていった。

ブームで盛り上がった若者達はデートや仕事で

精一杯の時期に差し掛かってきていたのだった。

振り返ると同世代より若い人達はバイクに熱狂していない

事に気がついた。

細々と職場や懇意のバイク店のツーリングに出かけたり

したけど何だか自分の求めてるオートバイとの

付き合い方とはズレを感じてきたのはこの20代後半の頃。

そしてサーキットはレース人口の減少で安価なノーライセンスの

走行会が多く開催されるようになった。

(続く)

« 何は無くともバイク選び。 | トップページ | オートバイとの付き合い・2 »

管理人のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515324/41269614

この記事へのトラックバック一覧です: オートバイとの付き合い。:

« 何は無くともバイク選び。 | トップページ | オートバイとの付き合い・2 »